Wix Studio:クライアントをサイトに招待する

読了時間:5分
サイトが完成し、クライアントへの準備ができたら、共同管理者として招待することができます。アクセスレベルを選択し、サイト自体とサイトのダッシュボードに変更を加えることができるかどうかを決定できます。
この記事では、以下の項目について説明します:

サイトにクライアントを招待する

ワークスペースから招待を送信して、クライアントをサイトに招待します。割り当てる役割を選択するか、カスタム役割を作成できます。

クライアントの役割はいつでも変更したり、アクセス権を削除することができます。

クライアントに招待を送信する方法:

  1. Wix Studio ワークスペースの「サイト」にアクセスします。
  2. 該当するサイトで「共同管理者」アイコンにマウスオーバーします。
  3. +ユーザーを招待」をクリックします。
「ユーザーを招待」にマウスオーバーしています
  1. クライアントのメールアドレスを入力します。
  2. 該当する役割横のチェックボックスを選択します。
  3. 招待を送信」をクリックします。
  4. 表示されるポップアップで「クライアント」を選択し、「完了」をクリックします。この共同管理者には、あなたの「役割・権限」表で「クライアント」ラベルが付きます。受信する招待メールとランディングページは、クライアントの体験に合わせて調整されます。
クライアントにサイトを引き渡す準備はできましたか?
Wix Studio では、パーソナライズされたリソースキットを作成することでクライアントへの引き渡しプロセスを簡単にすることができます。

招待状況を確認する

クライアントが招待を承認したかを確認するには、サイトダッシュボードの「役割・権限」にアクセスします。名前の横に「処理中」と表示されている場合は、そのユーザーはまだ招待を承認していません。

「参加日」の列には、招待を送信した日付と、招待の有効期限が切れるまでの日数が表示されます。招待メールの有効期限は 30日間です。
「役割・権限」ページのスクリーンショット。共同管理者の承認状況がハイライトされています。

招待を再送信する

クライアントへの招待はいつでも再送信できます。Wix からメールで招待を再送信するか、招待リンクをコピーしてクライアントに直接送信するかを選択できます。

招待を再送信する方法:

  1. Wix Studio ワークスペースの「サイト」にアクセスします。
  2. 該当するサイトで「共同管理者」アイコンにマウスオーバーします。
  3. 役割と権限を管理」をクリックします。
  4. 該当するユーザーにマウスオーバーし、「その他のアクション」アイコン  をクリックします。
  5. 招待を再送信する方法を選択します:
    • Wix 経由で送信する:「招待を再送信」をクリックします。入力したメールアドレスに Wix から招待が再送信されます。
      ヒント:メールを受信しなかった場合は、迷惑メールフォルダを確認するよう依頼してください。
    • 自分で送信する:「招待リンクを作成」をクリックします。リンクはクリップボードに自動的にコピーされます。それをクライアントへのメールまたはチャットメッセージに貼り付けます。
      注意:現在、この機能は Safari ではご利用いただけません。
「役割・権限」ページのスクリーンショット。共同管理者の上で「その他のアクション」が開かれ、カーソルが「招待を再送信」にマウスオーバーしています。

クライアントがエディタを使用できるようにする

クライアントが招待を承諾すると、Wix Studio エディタ内の自分のサイトにアクセスできるようになります。コンテンツを変更できる特定のモードが表示されますが、あなたが作成したデザインを変更することはできません。役割に「コンテンツの編集」権限のみが含まれている場合、アクセスできるのはこのモードのみです。
「コンテンツを編集」モードで、クライアントが編集できる内容を示したページの例
クライアントに共同所有者などのより多くの権限を持つ役割が割り当てられている場合、「カスタムモード」にアクセスすることもできます。このモードでは、あなたと同じように Wix Studio エディタを開くことができます。ただし、実行できるアクションは、割り当てられた役割によって異なります。
クライアントがカスタムモードにアクセスできるサイトダッシュボードの「ホーム」ページのスクリーンショット

よくある質問

クライアントの招待に関する詳細については、以下の質問をクリックしてください。

お役に立ちましたか?

|